« ラブライブ ぬいぐるみマスコットを手に入れた! | トップページ | 初音ミク お皿&フォーク 食器セット »

2015年5月 4日 (月)

抱き枕カバーの生地 時期によって使い分けてみる

こんばんは~

さて、ネタにするような買い物や出来事も特になかったため、本日はちょっと抱き枕カバーの生地についてのお話!(過去に似たような記事を書いたような気もしますが)

さて、抱き枕カバーにも色々な「生地」がありますが、私は何気に時期によって使い分けていたりもします

Img_5442
感触など最高峰といっても過言ではない生地「ライクトロン」

素晴らしいのですが、これは抱いてるとかなり暖かくなります。ということで私は寒い時期はライクトロンを使うことが多いですね!

逆に真夏にライクトロンを抱いたら、暑くてとても使っていられません

寒い時期や春の暖かい時期に使うのがオススメです!

Ikupai
先月末から急に暖かくなってきましたね、私の部屋は結構熱がこもるので、夜になっても初夏を感じるような暖かさです

と、ライクトロンではちょっと熱くなってきたので、「ロイカ」生地を今は使っています

セレーンロイカ、パールロイカなどとも言いますね

2wayトリコットやライクトロンと比べると、少しひんやりしており、暑い時期でも使いやすい生地なように感じます

最近ではロイカ生地は見かけなくなりましたね、代わりに「アクアライクラ」生地が主流になってきましたね、ロイカとはまたちょっと違った感じですが。

暑いなら抱き枕抱かなきゃいいじゃん!という人もいるかもしれませんが、私はいつでも抱き枕を使いたいので

Img_7618
さっきから話に何度か出てきた「2wayトリコット」

といっても私が指しているのはA&J2wayトリコットのことです

ライクトロンが出てくるまでは、最高峰の生地でしたね、今でもコチラの生地を使った抱き枕も数多くあり現役バリバリです。

感触も素晴らしの一言です、ライクトロンよりは時期を選ばず使えるような気はしますが、夏は流石に暑いです

あと、耐久面も紙クラスなのでかなり気をつけて使わないとボロボロになるかも…

Img_9738_2

さて、抱き枕を使う人たちにとって最大の敵はやはり「夏」だと思います

ただでさえ暑いのに、抱き枕なんて抱いて寝たら…容易に想像が付きます

大事なカバーや抱き枕を汗まみれにしたくもないですし、抱くことで寝苦しくなったり、かといって一緒に寝れないのも寂しい…

そんな時は「スパンデックス2WAY」

全体的にこの生地を使っているカバーはかなり少ないと思いますが、我が家にもアイヴィーちゃん(同人)、詠のおっぱい抱き枕カバーなど計3枚あります

感触はライクトロンやロイカ、AJ2wayトリコットなどに比べて劣りますが、2wayということで感触は良いものです

何よりも抱いていても全然熱を持たないので、夏でも快適に抱いて使うことができます

昨年はウォーターマットを敷いて、スパンデックス生地を使っていたら抱いていてもぐっすり、むしろ心地よく眠ることができました!

ということで、上手く生地を使い分ければ、より楽しく快適な抱き枕ライフを過ごすことができちゃう!

と、たくさんのカバーをお持ちの方は是非お試し下さい~

|

« ラブライブ ぬいぐるみマスコットを手に入れた! | トップページ | 初音ミク お皿&フォーク 食器セット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抱き枕カバーの生地 時期によって使い分けてみる:

« ラブライブ ぬいぐるみマスコットを手に入れた! | トップページ | 初音ミク お皿&フォーク 食器セット »